ウォーターサーバーを選ぶには?。

ウォーターサーバーがあれば冷水もお湯もすぐに使うことができます。これが大変便利で毎日の料理やコーヒーやお茶、赤ちゃんのミルクにも使えます。 とても便利ですが、ウォーターサーバーにも特徴がありますから、その特徴に合わせて選ぶ必要があります。

漠然と選ぶと失敗する

ウォーターサーバーは贅沢品にも見えますから、デザインがオシャレなものや展示会で勧誘されて選んだ物を使ってしまいがちです。でも、本当はしっかりと比較して選ぶ方が自分にとって合ったウォーターサーバーが見つかります。 ウォーターサーバーはイロイロな要素があって、そこを見て選ばないといけません。 例えば、「水ボトルの大きさ」「天然水かそれ以外か」「ワンウェイタイプか返却か」などの要素があります。 また選ばれる家庭も「若い夫婦」「赤ちゃんがいる世帯」「高校生くらいの育ち盛りの世代」など様々です。 つまり、これらがマッチングしていないといけないわけです。

それぞれに合うウォーターサーバー

夫婦2人世帯

夫婦の2人世帯の場合は、共働きの場合は水の利用が少なめになります。一方が主婦の場合は、それよりも消費量が増える傾向にあります。ウォーターサーバーは自宅で飲むため、在宅ワーカーや自営業の方は消費量が多くなります。 そのため12ℓのボトルを2本頼むようなプランが良いでしょう。この毎月24ℓのプランはウォーターサーバーでは一般的です。そのためあまり深く迷う必要はないといえます。 また共働きの場合は忙しいので、宅配業者が配達してくれるワンウェイタイプの方が良いでしょう。宅配業者であれば再配達が可能です。またワンウェイタイプはボトルが使い捨てなので、共働きの家庭も合っています。

赤ちゃんのいる世代

赤ちゃんのいる世帯の場合は、ウォーターサーバーのメンテナンスを頻繁に行なうメーカーが良いでしょう。ウォーターサーバーは水を扱っているため、内部はやはり時間の経過と共に汚れて劣化してくる傾向があります。 そのため多くのメーカーではメンテナンスを定期的に実施しています。しかし、メンテナンスをしないメーカーも多いので、そういったメーカーは避ける方が衛生面を気にする方には重要です。 赤ちゃんには綺麗な水を飲ませたいと思ってウォーターサーバーを使う家庭も多いので、メンテナンスの頻度は見ておきたい指標です。 また一部の企業には赤ちゃんの専用プランを用意しているところもあります。そういった赤ちゃんプランでは特典が付いて安くなることが多いので是非利用しましょう。

部活動をする中高校生の子育て世代

部活動をする子供がいる家庭では、水の消費量が多くなります。部活動をして帰ってくると水を沢山飲みますし、水筒に入れて持って行くこともあります。 こういったお子さんがいる家庭では水の値段が安いウォーターサーバーを選ばれると良いです。アルピナウォーター、クリクラは水の値段が安いです。 ro水というもので、水を濾過してミネラル分を添加してものですが、これが他社よりも安めです。 天然水は値段が高いので消費量が多いご家庭では、負担になります。 こういった経済的なウォーターサーバーを選ばれると良いでしょう。

それぞれに合うウォーターサーバーを選びましょう

ウォーターサーバーは種類が豊富にあり、それぞれ特徴があります。漠然と選ぶと失敗しやすいことが特徴です。 ウォーターサーバーのおすすめ比較ランキングでは、様々なウォーターサーバーを比較してどんな方に使いやすいのかも紹介されています。こういったネットのサイトを使って選ばれると 間違ったものを掴みにくいです。今はネットの時代です。ショッピングセンターや電話の勧誘でウォーターサーバーを頼んでも、気に入るかもしれませんが、結果的に料金が高いものを買ってしまったりします。 出来るだけ情報を集めた上で選ぶという選択をしましょう。

赤ちゃんのいる世帯はこれに気をつけよう!

赤ちゃんのいる家庭では火傷にも注意が必要です。ウォーターサーバーは年間に2~3件ほど乳幼児が火傷をする事故も発生しています 赤ちゃんの注意点では、赤ちゃんが火傷をしてしまう原因や対策について紹介されています。 特に赤ちゃんがウォーターサーバーを触れてしまわない環境に置くことやサーバーが近くにあっても冊を置いたりして直接触れないようにすると良いでしょう。 こういった情報も参考にしてください。